KUJIRAMAGA|暮らしの道具WEBマガジン

ワクワクする陶器ライフWEBマガジン

個性が楽しい、笠間の器たち

f:id:daikujirado:20190120230510j:plain

大鯨堂オンラインストアでもお取り扱いの多い、笠間焼。

今日は、笠間焼のことを少しご紹介したいと思います。

 

笠間ってどこにある?

f:id:daikujirado:20190121091431j:plain

笠間焼の産地・茨城県笠間市は、地図では ↑ の赤い印の辺りにあります。

東京から電車で2時間ほどの距離。

特急電車で東京駅→友部駅、そこからJR水戸線に乗り換えて2駅で笠間駅に到着です。

県内には茨城空港もあり、空路でお越しいただくことも出来ます。

 

笠間焼ってどんなもの?

笠間焼は、特徴がないのが特徴と言われています。

太平洋戦争後、伝統にこだわらない自由な作品が作れる気風に惹かれて、各地から若い陶芸家たちが笠間に集まりました。そのため印象の軸となるものがなく、作家各々の感性が前に出た、自由な陶器が賑わうところとなっています。

このクジラマガでご紹介している器も、それぞれ雰囲気が異なっているでしょう。

『こうあるべきルール』のない世界で、作家さんは皆さん自分の個性を生かし、日用雑器から芸術的なオブジェまで様々なもの作り上げています。

 

春には陶器のビッグイベントが

f:id:daikujirado:20190121202709j:plain

※公式サイトより写真引用

笠間では毎年GWに『陶炎祭(ひまつり)』という大きな陶器のイベントを開催しています。

200軒を超える出展があり、笠間焼はもちろん、お隣・益子焼の作家さんなども集います。

とにかく陶器がいっぱい。この時期に合わせて新作を作られる作家さんも多く、素敵な器があっちにこっちに…。キョロキョロと目移りしてしまいます。

広いイベント会場なので、一周回るのも大変。泊りがけで来て、数日かけて見て回るという方もおられるほど。フードコーナーも充実していて、一日中楽しめるイベントになっています。 

www.himatsuri.net

 

笠間の陶器のこと、色々知っていただけたらいいな^^と思っておりますので、

これからも順次、ご紹介してまいります!